「ストレート・フロム・ザ・ボックス作品選手権」-みぶろやさん2014シリーズ戦Rd.4

いつもお世話になっている地元の模型屋「みぶろやさん」で開催されている模型コンペにエントリーしました。

みぶろやさん2014シリーズ戦Rd.4
ストレート・フロム・ザ・ボックス作品選手権

作品受付:8月26日(火)~9月7日(日)
人気投票:9月9日(火)~20日(土)
※店頭にて受付。
結果発表:9月21日(日)

キットを無改造で製作した物(合わせ目消し、ヒケ修正および塗装/ウェザリングは可)
※カラーリングおよびマーキングもキット指定に限る
※複数キットの組合せ、パーツなどの追加不可
※スケール不問、情景不可(情景キットを除く)
※作品提出時に製作キットの組立説明書も提出する事
上記作品受付期間中に作品を直接店頭にお持込みください。

今回も何とか間に合いました。(;^ω^)

今回のコンペ、いわゆる「素組みコンペ」なんですが、これって裏を返せば「無改造コンペ」なんですね。

これが結構曲者で、エッジ出しも、装甲を薄く削ることも、バーニアを市販パーツに変更することもアウトということになります。

なので、塗装による見せ方が問われるコンペなわけですが・・・それとは別に『素材となるキットをどう選ぶか?』 というのもポイントになると考えました。

そうなると旧キットよりも、最近のキットのほうが完成時のインパクトがあると思ったので、今回のネタは↓こいつにしました。

DVC00503.JPG

プレミアムバンダイで発売されているヤツですね。

見た目は単色で面白味がないかもしれませんが、広く市販されていないだけにホンモノを見た人は少ないかも?・・・なので、ある意味新鮮かなと思ったしだいです。

MGのF2ザクとニコイチでカトキ版のドズルザクにしたいな~と妄想してたりしたのですが、ここはグッと我慢して、説明書どおりに作りました。

とはいえ、このキットの最大のキモは、この豪華な『エングレなんとかシール』ですよ・・・貼りなおし不可の一発勝負なので、結構緊張します。 平面はまだいいとしても、曲面に貼るのは結構骨が折れました。

ただ、ちょっと不満・・・というか物足りなかったのは、私のイメージではもっとこう、肩まわりとかゴッツイデザインだったような気がするのですが、これは通常のショルダースパイクと同じです。 トゲが1本多いですけど。

あと、キットにはパイロットが付属していますが、ドズルさんではありませんでした(笑)

さて、シリーズ戦、次回は

Rd.5「ウェーブTケース作品選手権」(10/14~26作品受付)

ですね。 参加を予定している皆さん、がんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です