SYM JETPOWER125 トラブルシューティング(アクセルが戻らない)

…結構恐ろしいトラブルですが、実際にあったのでちょっとレポートします。

アクセルをガバっと勢いよく開けた直後に発症しました。

アクセルから手を放しても車体が前に進もうとするので、ブレーキで無理やり抑えつつ帰宅しました。

アクセルワイヤの防水用のブーツがプーリー側に噛んでいたことが原因でした。当時の写真がないのでネットから探してきた写真で説明させてもらうと…写真の矢印の部分ですね。

写真は SYM の別の車種ですが、似たような構造なので説明で使わせてもらいます。写真引用先>ダンス以外の日々「sym RV125i プラグ交換」

このブーツのゴムが劣化してクラックが入っていて、ブーツが左右に自由に動くような状態になっていました。

これがスロットルを勢いよく開けた弾みにプーリ側に移動して噛んでしまったようです。

一度こうなってしまうと、ちょっと自然に戻るのは期待できそうにないですね。

この現象が起こる前にセルモーターの交換をしているので、その際にブーツが定位置から外れてしまったのかもしれません。

本来は新しいブーツに交換するのが良いのでしょうけど、面倒なのでブーツを取り除くとことにしました。

取り除くだけならメットインを取り外さなくともタイヤ側から取れます。

JETPOWER125のエンジンはホンダのGY6系エンジン(のコピー?)だそうですが、他の車両でも同じ構造なのか気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です