YAMAHA GEAR 機種コード一覧

ヤマハの公式ホームページや、整備データなどから収集した情報をまとめています。

————– 前期型  車体番号: 4KN-******
機種
コード
発売年月 モデル
年度
呼称 カラー名称 カラー
コード
備考
4KN1 1994.09 1994 BA50 ライトグレーソリッド 4 492
4KN2 1994.09 1994 BA50ST ライトグレーソリッド 4 492
4KN3 1994.09 1994 BA50S ライトグレーソリッド 4 492
4KN4 1996.06 1996 BA50 ライトグレーソリッド 4 492 アンダーブラケット改善
4KN5 1996.06 1996 BA50S ライトグレーソリッド 4 492
4KN6 1996.06 1996 BA50N ライトグレーソリッド 4 492
4KN7 1996.06 1996 BA50 ブルーイッシュブラックカクテル 375
4KN8 1997.07 1997 BA50NH ライトグレーソリッド 4 492
————– 後期型  車体番号: UA03J-******
機種
コード
発売年月 モデル
年度
呼称 カラー名称 カラー
コード
備考
4KN9 1999.11 2000 BA50 ライトグレーソリッド 4 492 H10年排ガス規制対応
4KNA 1999.11 2000 BA50S ライトグレーソリッド 4 492
4KNB 1999.11 2000 BA50N ライトグレーソリッド 4 492
4KNC 1999.11 2000 BA50NH ライトグレーソリッド 4 492
4KND 2003.03 2003 BA50 ライトグレーソリッド 4 492
4KND 2003.03 2003 BA50 ブラック メタリック X 903
4KNE 2003.03 2003 BA50S ライトグレーソリッド 4 492
4KNF 2003.03 2003 BA50N ライトグレーソリッド 4 492
4KNG 2003.03 2003 BA50NH ライトグレーソリッド 4 492
4KNH 2004.08 2004 BA50C ブラック メタリック X 903 ギアCがラインナップに追加
4KNH 2004.08 2004 BA50C ビビッドレッドカクテル1 121
4KNJ 2005.09 2006 BA50 ライトグレーソリッド 4 492 フロントフォーク色変更
4KNK 2005.09 2006 BA50S ライトグレーソリッド 4 492
4KNL 2005.09 2006 BA50N ライトグレーソリッド 4 492
4KNM 2005.09 2006 BA50NH ライトグレーソリッド 4 492
4KNN 2005.09 2006 BA50C ブラック メタリック X 903
4KNN 2005.09 2006 BA50C ビビッドレッドカクテル1 121
4KNP 2007.02 2007 BA50 ライトグレーソリッド 4 492
4KNR 2007.02 2007 BA50N ライトグレーソリッド 4 492
4KNS 2007.02 2007 BA50NH ライトグレーソリッド 4 492
4KNT 2007.02 2007 BA50S ライトグレーソリッド 4 492

ギアは1994年に生産開始してから繰り返し再生産されていますが、生産年度及びモデルごとに4KN1から4KNTまで個別の機種コードが付されています。
ですので、ベーシックモデルを例にとってみても4KN1,4,7,9,D,J,Pの7種類に分けられます。
単に生産年度が違うだけで大部分はほとんど同じですが、リコールや排ガス規制を受けて改修された部分がありますので、同じギアを列べても若干異なる場合があります。
なお、4KNI、4KNO、4KNQについては、いくら探しても見つけられませんでした。 おそらく数字の「1」「0」と紛らわしいために意図的に欠番にしていると思われます。
ちなみに、2000年の排ガス規制を境に、マフラーが一体式から2分割式に変更になっているので、前期型と後期型とはその辺で見分けることもできます。(当然、部品が交換されている可能性もあるので過信は禁物です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です